メニュー
ATITHI TOURS P. LTD.
Tel: +977-1-4257741, 4259130
Mob: +977-9841227061
E-mail: atithitourspltd@gmail.com
Website: www.atithitour.com
タメル地図(ダウンロード可)
ネパール・タメル・地図
クリックで拡大

ネパールトレッキング

下記のスケジュールはあくまでも例です。メンバーの技術・体力、気象条件やルート状況、装備などなどの条件によって答えは当然変わってくるはずなので、ひとつの例としてご覧ください。また、お客様のご希望とご都合、予算に合わせてオリジナルツアーを お作りますのでぜひ一度お問い合わせください。

 


この情報は、ネパールでトレッキングをお考えのお客様の最終的な準備のためのお手伝いをします。慎重にお読みいただき、トレッキングを始めるにあたってどこへ行くべきかをしっかりとご理解ください。当社はお客様のトレッキングをできる限り慎重に計画しましたが、当社がお客様のご成功の手助けとなるためにお客様にご考慮いただく点がいくつかあります。


ビザ

ネパールへ入国される際には、インド国民を除いてビザが必要となります。60日シングルエントリービザがネパール大使館または領事館にて30アメリカドルで取得できます。


トレッキング許可証

アンナプルナ、エヴェレスト、ランタン地区へトレッキングされる方にはトレッキング許可証は必要ありませんが、パスポートのコピーと一緒に一定の手数料を国立公園または保護区へ支払う必要があります。通常、手数料は旅費には含まれておりません。

ドルポ、カンチェンジュンガ、マンスル、シミコット、アッパームスタン、アッパードルポなど、上記3地区以外へトレッキングされる際には許可証が必要となります。トレッキング許可証準備のため、到着次第、ネパール観光局員にパスポートと写真二枚をご提示ください。この許可証は上記の地区へトレッキングする際に必要なものとなり、トレッキングの間、空港や警察のチェックポイントでチェックされることがあります。許可証は常に携帯してください。


服装と装備

トレッキングに必要なアイテムリストはすでにご準備のはずです。以下のものが最重要アイテムとなります。

・寝袋(テントとマットレスは当社にてご用意いたします。)
・リュックサック
・ポーター運搬用のダッフルバッグ
・ダウンジャケット(高高度では摂氏0度になることもあります。)
・サングラスと手袋(降雪、積雪時に必要となります。)
・水筒(水筒以外の飲料水の確保は望めません。)

上記アイテムのすべてはカトマンズのタメルにある専門店での貸し出し、購入が可能です。装備返却の保証のため、ほぼすべての店舗にてデポジット(預け金)が請求されることにご注意ください。デポジットとしてのパスポートのご使用はおやめください。
ダウンジャケットとブーツは必要かというご質問をよくいただきます。ダウンジャケットはエヴェレストをトレッキングする際には常に必要となります。また他の地区へのトレッキングの場合でも、11月から3月までは必要となります。それ以外のアイテムは随意ご用意ください。ブーツは必要ありませんが、すべてのトレッキングにおいて降雪あるいは積雪の可能性があります。ブーツを準備されているのであれば雪の中でもトレッキングは続行可能です。それ以外の場合は続行を断念せざるを得なくなります。降雪積雪以外の場合には、テニスシューズあるいはランニングシューズでのトレッキングには問題ありません。


パッキング

バッグを三つ準備し、それぞれのバッグに適切な装備を装填してください。

1.ポーター運搬用のダッフルバッグ。ダッフルバッグにはトレッキング時には不要なものをお詰めください。-余分なフィルム、衣類、寝袋、洗面道具など。
朝キャンプを出発してから夕方次のキャンプへ到着するまで、ダッフルバッグから荷物を取り出すことはできません。

2.各日必要となるものを収めたお客様運搬用リュックサック。-カメラ、水筒、セーターまたはジャケット、救急道具、トレッキング許可証など。
リュックサックに荷物を詰め込みすぎないでください。トレッキングは楽しむためのもので、重い荷物を運ぶためのものではありません。ポーターがお客様の重い荷物を運搬いたします。

3.トレッキング中には不要で、ホテルへ残していく余分な荷物。カトマンズのほとんどのホテルでは荷物を無料で保管してくれます。


トレッキングへ出発

特定の出発指示は後述のようにトレッキングの目的地により異なります。集合場所には、お客様ご自身の責任において決められた時間までにお集まりください。集合時間に遅れてしまうとトレッキングの出発地点までの交通機関に乗り遅れてしまいます。エヴェレスト地区へのトレッキングについては、ルクラへの飛行機による早朝の出発となります。飛行機の出発時間は前日の晩に決定されます。出発時間は前日に当社へお問い合わせください。出発当日は、トリブバン空港の国内線ターミナルへ出発時間の最低一時間前にはお越しください。空港への到着が遅れてしまうと座席はキャンセルとなります。飛行機の出発時間の一時間半前にホテルを出発されることをお勧めします。

空港では当社員(アティティツアーズ)と共にチェックインしてください。当社員がお客様と荷物のチェックインをご確認いたします。時間に余裕をもった空港への到着にも関わらず、飛行機の出発時間が遅れてしまう可能性がよくあります。また、ルクラの悪天候のため出発時間が遅れることもありますが、これらの遅延を考慮するより時間内に空港へ到着されることがより大切です。

チェックインをスムーズに行うため、手続きが完了するまでお客様の航空券は当社員がお預かりいたします。トレッキング中は当社員が常時随行いたします。カトマンズへ戻る航空券は当社員へお渡しください。当社員がお客様の航空券のリコンファームいたします。

ポカラからのトレッキングで飛行機をご利用される場合は、飛行機の出発時間の一時間前まで空港へお越しください。当社が、お客様のトレッキング出発日の前日に飛行機の出発予定時間をお知らせいたします。ポカラまでバスで移動される場合は、トレッキング出発日の前日にカトマンズを出発し、ポカラで一泊してください

ランタンとその他のトレッキング地区へはランドローバーでカトマンズを出発します。飛行機で移動される場合は、飛行機の出発時間の一時間前に空港へお越しください。当社員が飛行機の出発当日にお客様のホテルへお迎えにあがる時間は前日にお知らせいたします。
バスやジープ、車で移動される場合は、ほぼすべてのトレッキングにおいてホテルの出発時間は午前7時となります。トレッキング出発日の前日に当社員へご確認ください。

Top

Everest & Kala Pattar Trek
エベレスト&カラパタール トレック

このルートではシェルパ族の集落が見所です。息を飲むような山々のパノラマ、湖、松やカバノキの森、そして温かいシェルパ族のもてなしがあなたを待っています。世界最高峰を是非自分の目で!!

行程

1日目:飛行機でルクラ(標高2840m)へ移動。ルクラからパクディン(2610m)へトレッキング
2日目:ナムチェバザール(3440m)までトレッキング
3日目:クムジュン(3780m)で高所順応
4日目:テンボチェ寺院(3860m)までトレッキング
5日目:ディンボチェまでトレッキング(4410m)
6日目:ディンボチェ:チュクン(4730m)まで足を延ばします
7日目:ロブチェまでトレッキング(4910m)
8日目:エベレストベースキャンプ(5364m)を訪れ、ゴラクシェプへ(5140m)
9日目:カラパタール(5550m)へ登り、ロブチェまでトレッキング
10日目:パンボチェまでトレッキング
11日目:ナムチェバザールまでトレッキング
12日目:ルクラまでトレッキング
13日目:飛行機でカトマンズへ


Gokyo Ri & Chola Pass Trek
ゴーキョ・リ&チョラ・パス トレック

行程

1日目:飛行機でルクラ(標高2840m)へ移動。ルクラからパクディン(2610m)へトレッキング
2日目:ナムチェバザール(3440m)までトレッキング
3日目:クムジュン(3780m)で高所順応
4日目:ドーレ(4200m)までトレッキング
5日目:マッチェルモ(4470m)までトレッキング
6日目:ゴーキョ(4790m)までトレッキング
7日目:ゴーキョ:ゴーキョ・リ(5360m)に登ります
8日目:ドラグナグ(4700m)までトレッキング
9日目:チョ・ラ(5330m)を越えゾンラ(4830m)までトレッキング
10日目:ロブチェ(4910m)までトレッキング
11日目:ロブチェ:カラパタール(5550m)に登ります
12日目:パンボチェ(3930m)までトレッキング
13日目:ナムチェバザールまでトレッキング
14日目:ルクラまでトレッキング
14日目:ルクラまでトレッキング

Top

Renjo Pass & Gokyo Ri Trek
レンジョ・パス&ゴーキョ・リ トレック

行程

1日目:飛行機でルクラ(標高2840m)へ移動。ルクラからパクディン(2610m)へトレッキング
2日目:ナムチェバザール(3440m)までトレッキング
3日目:クムジュン(3780m)で高所順応
4日目:ターメ(3820m)までトレッキング
5日目:ルンデン(4350m)までトレッキング
6日目:レンジョ・パス(5340m)を越え、ゴーキョ(4790m)までトレッキング
7日目:ゴーキョ・リ(5360m)
8日目:ルザ(4360m)までトレッキング
9日目:ナムチェバザールまでトレッキング
10日目:ルクラまでトレッキング
11日目:飛行機でカトマンズへ

Top

Gokyo Lake Trek
ゴーキョ・レーク トレック

行程

1日目:飛行機でルクラ(標高2840m)へ移動。ルクラからパクディン(2610m)へトレッキング
2日目:ナムチェバザール(3440m)までトレッキング
3日目:クムジュン(3780m)で高所順応
4日目:ドーレ(4200m)までトレッキング
5日目:マッチェルモ(4470m)までトレッキング
6日目:ゴーキョ(4790m)までトレッキング
7日目:ゴーキョ:ゴーキョ・リ(5360m)に登ります
8日目:ターレ(4300m)までトレッキング
9日目:パンボチェ(3930m)までトレッキング
10日目:ナムチェバザールまでトレッキング
11日目:ルクラまでトレッキング
12日目:飛行機でカトマンズへ

Top

Everest Base Camp Trek
エベレストベースキャンプ トレック

行程

1日目:飛行機でルクラ(標高2840m)へ移動。ルクラからパクディン(2610m)へトレッキング
2日目:ナムチェバザール(3440m)までトレッキング
3日目:クムジュン(3780m)で高所順応
4日目:テンボチェ寺院(3860m)までトレッキング
5日目:ディンボチェまでトレッキング(4410m)
6日目:ディンボチェで高所順応
7日目:ロブチェまでトレッキング(4910m)
8日目:ゴラクシェプ(5140m)までトレッキング:エベレストベースキャンプ(5364m)を訪れます
9日目:ロブチェ:カラパタール(5550m)に登ります
10日目:パンボチェ(3930m)までトレッキング
11日目:ナムチェバザールまでトレッキング
12日目:ルクラまでトレッキング
13日目:飛行機でカトマンズへ

Top

Around Annapurna - Walk in Bensishahar
アンナプルナ一周―ベシサハールから

ネパール中央に位置する古典的なトレッキングルートはヒマラヤ山脈のアンナプルナ山群をぐるりと囲み、300kmに延びています。トレッキングは低地からスタートし、トロン・ラ・パスの5416mまで上っていきます。

行程

1日目:カトマンズからベシサハール(760m)まで車で移動
2日目:バフンダダ(1310m)までトレッキング
3日目:チャムジェ(1436m)までトレッキング
4日目:バガルチャップ(2165m)までトレッキング
5日目:チャーメ(2651m)までトレッキング
6日目:ピサン(3300m)までトレッキング
7日目:マナン(3351m)までトレッキング
8日目:マナンで高所順応
9日目:ヤク・カルカ(4150m)までトレッキング
10日目:トロン・フェディ(4450m)までトレッキング
11日目:トロン・ラ(5416m)を越え、ムクティナート(3760m)までトレッキング
12日目:ジョムソン(2720m)までトレッキング
13日目:飛行機ジョムソンからポカラを経由しカトマンズまで

Top

Around Annapurna Trekking
アンナプルナ一周 トレッキング

行程

1日目:カトマンズからベシサハール(760m)まで車で移動
2日目:バフンダダ(1310m)までトレッキング
3日目:チャムジェ(1436m)までトレッキング
4日目:バガルチャップ(2165m)までトレッキング
5日目:チャーメ(2651m)までトレッキング
6日目:ピサン(3300m)までトレッキング
7日目:マナン(3351m)までトレッキング
8日目:マナンで高所順応
9日目:ヤク・カルカ(4150m)までトレッキング
10日目:トロン・フェディ(4450m)までトレッキング
11日目:トロン・ラ(5416m)を越え、ムクティナート(3760m)までトレッキング
12日目:マルファ(2670m)までトレッキング
13日目:レテ(2480m)までトレッキング
14日目:タトパニ(1190m)までトレッキング
15日目:ゴレパニ(2860m)までトレッキング
16日目:プーンヒル(3193m)を訪れ、ウレリ(1960m)までトレッキング
17日目:ナヤプルまでトレッキングし、ナヤプルからポカラまで車で移動
18日目:ツーリストバスでカトマンズへ

Top

Annapurna Sanctuary Trek
アンナプルナ内院 トレック

アンナプルナ内院とはポカラの北に位置する非常に大きな氷河流域に与えられた名前です。モディ・コラ渓谷を上っていき、それから広大な自然コロシアムの中心部へと進んでいくこの古典的なトレッキングのクライマックスは、アンナプルナ山の南面下に位置するアンナプルナベースキャンプです。アンナプルナベースキャンプは、アンナプルナI峰(8091m)。アンナプルナIII峰(7555メートル)、 Gangapurna山(7454メートル)、 Machhapuchhare/フィッシュテイル山(6997メートル)など壮大な山群に囲まれています。

行程

1日目:ポカラまで車で移動し、フェディ(1130m)からダンプス(1650m)までトレッキング
2日目:ランドルン(1565m)までトレッキング
3日目:チョムロン(2170m)までトレッキング
4日目:ヒマラヤ・ホテル(2920m)までトレッキング
5日目:マチャプチャレベースキャンプ(3700m)までトレッキング
6日目:マチャプチャレベースキャンプ:アンナプルナ内院を散策
7日目:ドバン(2600m)までトレッキング
8日目:チョムロンまでトレッキング
9日目:タダパニ(2630m)までトレッキング
10日目:ゴレパニ(2860m)までトレッキング
11日目:プーンヒル(3193m)を訪れ、ウレリ(1960m)までトレッキング
12日目:ナヤプルまでトレッキングし、ナヤプルからポカラまでは車で移動
13日目:陸路カトマンズへ

Top

Upper Mustang Trek
上方ムスタン トレック

ネパール中央のアンナプルナとダウラギリ山塊の向こうに横たわる、隠された王国ムスタン。チベット高原の一部で、乾燥した地域です。外界とは無縁だったお陰で、16世紀の僧院も他の追随を許さないフレスコ画、タンカ、巨大な神々の像が飾られ、古代の伝統を維持した状態で生きています。ムスタンは、放牧牛に適した麦畑牧草地です。カリガンダキ川の上流域は何世代ものトレッカーたちをじらしてきました。(ムスタンは 1992年にやっとトレッキングが解禁されました。)ムスタンは制限領域であり、特別許可証を得るためにネパール政府規定の一連の手続きが必要です。ジョムソンから歩いて二日間は、円形のムスタンに向かって伝統的な境界を越えていきます。旅程は、印象的な壁に囲まれた首都ロー・マンタンの主要な町を散策するのに十分な時間を設けています。このトレッキングは、地元の人々が最も活気づく夏に設定しています。このルートは、ジョムソン(ジョムソンへは空路で)、ポカラ(ポカラへは陸路で)、あるいはベシサハール(ベシサハールへは陸路で)から始まります。ベシサハールからスタートする場合は、アンナプルナ一周トレッキングも含めることができます。

行程

1日目:カトマンズ到着
2日目:カトマンズ観光
3日目:陸路をポカラへ移動
4日目:飛行機でジョムソンへ移動し、カグベニまでトレッキング
5日目:チェレまでトレッキング
6日目:ギリンまでトレッキング
7日目:ガミまでトレッキング
8日目:ツァランまでトレッキング
9日目:ローマンタンまでトレッキング
10日目:ローマンタンで高所順応
11日目:ツァランまでトレッキング
12日目:タンゲまでトレッキング
13日目:テタンまでトレッキング
14日目:ムクティナートまでトレッキング
15日目:ジョムソンまでトレッキング
16日目:飛行機でポカラへ
17日目:車でカトマンズへ
18日目:カトマンズ:自由行動
19日目:ネパール出国

Top

Gosaikunda Langtang
ゴサイクンダ・ランタン トレッキング

ゴサイクンダ・ランタン谷トレッキングは、美しい高山の中でカラフルに織り交ざった文化と宗教に触れられる旅です。ランタン谷カトマンズからの交通の便は良いものの、トレッカーの数は少なく踏み荒らされていない場所です。密林の中、地元の伝統的な住居を数日歩くと聖なる湖ゴサイクンダです。ここからの山の眺めは本当に壮大です。ゴサイクンダはシャーマン(伝統的な呪医)やヒンドゥー教及び仏教巡礼者にとっての聖地の一つになっています。ラウ標高4620mのレビナ・パスを越えると、息を飲むようなチベットの景色が飛び込んできます。動植物に興味がある人は、3月か4月に行くことをおすすめします。

行程

1日目:ドゥンチェ(標高1937m)まで車で約8時間のドライブ

2日目:シャブル村(2087m)までトレッキング:シャブル川まで下り、バルクを経由して約2時間のトレッキング。ここから、ガネッシュ・ヒマール山、マナスル山、チベットのケルン山など壮大な山を見ることができます。更に2時間のトレッキングでは森を越えシャブル村に到着。


3日目:シャブル村からラマ・ホテル(2380m)までトレッキング:約2時間、下りのトレッキング。森を越え、約1時間上っていくとボンブ村(1850m)に到着。ボンブの森をゆっくりと上っていくとラマ・ホテルに到着です。


4日目:ラマ・ホテルからランタン(3430m)までトレッキング:しゃくなげと松の森を約3時間ほど進んでいくと、ゴダ・タベラに出ます。それから更に2時間くらい歩くとランタン(この地域で最大の村)に到着です。ランタンには仏教徒のタマン族やチベット人が住んでいます。


5日目:ランタンからキャンジン・ゴンパ(3870m)までトレッキング:道なりに約3時間程度歩くとキャンジン・ゴンパにたどり着きます。キャンジン・ゴンパには、有名なチーズ工場があります。またヤラ・ピークに足を延ばすと、ドルジャ・ヒマール、ランタン・リ、ランタン・リルンなどの美しい山々が間近に見られます。


6日目:キャンジン・ゴンパで休息:テソ・リ(4984m)に登ったり、近辺をハイキングしたりします。地元のチーズ工場を見学します。このチーズ工場は1995年にスイスの技術支援を受けて設立されたものです。頑張ってゴンパの北側に登ると、ランタン氷河が見られます。


7日目:キャンジン・ゴンパからラマ・ホテルまでトレッキング:ここまで来た道を引き返します。


8日目:ラマ・ホテルからシャブル村までトレッキング:往路と同じ道を戻ります。


9日目:シャブル村からシン・ゴンパ(3254m):モミやしゃくなげの森を抜けていきます。


10日目:シン・ゴンパからゴサイクンダ(4300m)までトレッキング:急勾配を行く厳しい行程ですが、西側ヒマール・チュリ、マナスル、ガネッシュ・ヒマール、そしてアンナプルナ山群、北側にランタン・リルンなどの壮大なパノラマを目にしたら、疲れも一気に吹き飛ぶことでしょう。ラウリビナ牧草地の家屋を過ぎ、小高い尾根を越えると、十数の聖なる湖が目に飛び込んできます。サラソティクンダ、バイラブクンダ、ゴサイクンダはその中でも特に神聖な湖です。


11日目:ゴサイクンダからゴプテ(3566m)までトレッキング:険しい道のりが続きます。小さな湖をいくつか通り過ぎると、尾根に沿って下り道です。ネズやしゃくなげの森、滝などを抜けてゴプテまで下っていきます。


12日目:ゴプテからメラムチガオン(2560m)までトレッキング:3460mの風向きの強い尾根タレパティ・ダダまで上っていきます。タレパティ・ダダからは丘陵風景が見られます。それから小川まで下って、チョルテンを横断してタレパティに出ます。広大なしゃくなげの森の緩やかな下りが終わると道のりは急勾配になります。つり橋でチャディ・コラ川の上を渡ります。それから最後の短い上りを乗り越えるとでシェルパ族の村、メラムチガオンに到着です。この村では大麦、とうもろこし、じゃがいもの大規模な耕作が行われています。この村の有名なゴンパの壁は鮮やかな色で彩られており、釈迦牟尼、チェンリシンと一緒にリンボチェの像が飾られています。


13日目:メラムチガオンからタルケギャン―ギャングル(2520m)までトレッキング:森を抜け下っていくと、急激に低下します。チョルテンと2590mにあるタルケギャンの牧草地が見えるまで上っていきます。タルケギャンはヘランブで最大の村であり、またこの地域をトレッキングする多くのトレッカーたちの目的地です。ここに来たら、巨大な真鍮のマニ車があるタルケギャン・ゴンパも忘れずに訪れたい場所です。この辺りを散策するため小休止しましょう。その後道は村を離れ、パラチンに向け山腹周りの電力供給ラインに沿って歩きます。最後はパラチンとシェルパ族の村である標高2520mのギャングルの間にある広大な谷に沿って急勾配な道筋になります。


14日目:ギャングルからメラムチプル(880m)までトレッキング:最初は尾根からの下りですが、すぐに上り道になります。いくつもの小川を越え森を抜けていきます。途中のサルマタンで大きなゴンパを訪れ、ポリス・チェックポストでトレッキング許可証のチェックを受けます。ここからメラムチ・プル・バザールまでの道のりは尾根に沿った下りで、1730m下降します。尾根の西側に沿った起伏道で、チョルテンやブラーマン族・チェトリ族の居住地を越えて行きます。最後に、つり橋でインドラワティ川を渡ったらメラムチ・プル・バザールに到着です。


15日目:メラムチ・プルからカトマンズへ:バスでカトマンズへ移動します。窓から緑の田畑や移り変わる風景をお楽しみください。

Top

Upper Dolpo Trek
上方ドルポ トレック

ネパール西部遠方の地域のトレッキングです。上方ドルポは特別許可証を必要とする制限エリアです。このルートでは3つの高い峠を越えますが、歩きやすい道で、氷河を越えるトレッキングはありません。ドルポはチベット高原の端の雨の陰に位置します。観光客が少ないため、トレッカーを温かいもてなしで迎えてくれます。チベット式の生活に触れながら、他のエリアとは違った独特なトレッキング体験ができます。このルートでは山や村の壮麗な景色を見ることができます。またネパール最深の湖、ポクスンド湖やネパール最大の滝、スリガード滝なども見ることができます。
このトレッキングはテントで寝るキャンプタイプになります。ガイド、コック、シェルパ、ポーターなどのスタッフが同行しますから、キャンプの経験がない人も安心してください。テントは広く、心地よいマットもあり、また料理は新鮮なものをコンチネンタルスタイルで調理します。

行程

1日目:カトマンズ到着
2日目:カトマンズ観光
3日目:飛行機でネパールガンジへ移動
4日目:飛行機でジュファルへ移動、ドゥナイまでトレッキング
5日目:チェプカまでトレッキング
6日目:レンジェまでトレッキング
7日目:リンモまでトレッキング
8日目:高所順応日
9日目:チュネンバーまでトレッキング
10日目:ラルチャまでトレッキング
11日目:メンドクディンまでトレッキング
12日目:セーゴンパまでトレッキング
13日目:高所順応日
14日目:ナムグンまでトレッキング
15日目:カランまでトレッキング
16日目:ムガウンまでトレッキング
17日目:シメンまでトレッキング
18日目:ティンジェまでトレッキング
19日目:ラクパまでトレッキング
20日目:チャルカまでトレッキング
21日目:ノルブルンまでトレッキング
22日目:フェディまでトレッキング
23日目:サンダまでトレッキング
24日目:ダガルジュンまでトレッキング
25日目:ジョムソムまでトレッキング、飛行機でポカラへ移動
26日目:陸路/空路カトマンズへ移動
27日目:ネパール出国

Top

Lower Dolpo Trekking
下方ドルポ トレッキング

ネパール北西部にあるドルポ郡下部のトレッキングです。あまり時間の余裕はないけれど、ネパールの遠隔地のトレッキングを楽しみたいという人向けのコースです。この地域はネパール最奥に位置し、困難な地形から隔離されているため、現代化されていない自然のままの人々とその生活にめぐり合うことができます。下方ドルポのトレッキングでは上方ドルポのように特別許可証などは必要ありません。この地域のトレッキングに来たら、シェイ・ポクスンド国立公園やタラプ谷を訪れるのもいいでしょう。

行程

1日目:カトマンズ到着
2日目:カトマンズでトレッキングの準備
3日目:ネパールガンジ(260m)へ移動
4日目:ネパールガンジからジュファル(2350m)(空路25分)、ジュファルからドゥナイ(2150m)までトレッキング
5日目:ドゥナイからタラコット(2900m)までトレッキング
6日目:タラコットからチャンキ(2900m)までトレッキング
7日目:チャンキからタラプコラ(3200m)までトレッキング
8日目:高所順応日
9日目タラプコラからドータラプ(4040m)までトレッキング
10日目:ドータラプからヌマフェディ(4500m)までトレッキング
11日目:ヌマフェディからヌマパス(5190m)まで行ってさらにバガフェディ(4200m)までトレッキング
15日目:バガフェディからバガパス(5070m)まで行ってさらにフォクスンド湖(3600m)までトレッキング
16日目:高所順応日
17日目:フォクスンド湖からロハガウン(2944m)までトレッキング
18日目:ロハガウンからドゥナイ(2150m)までトレッキング
19日目:ドゥナイからジュファル(2350m)までトレッキング
20日目:ジュファルからネパールガンジ(空路25分)
21日目:ネパールガンジからカトマンズ(空路)
22日目:カトマンズ休息・観光
23日目:出発日

Top